不安

こんにちは。サイちゃんです。

3年生が、少々、ナイーブに。
矢田の入試まであと1週間をきって、ちょっと緊張してきたかな?

対策は、1つは、とにかく自信を持つこと。
そしてもう1つは、不安なことを忘れるくらい、今まで以上に、しっかり取り組むこと。

不安なら、それ以上に、しっかり勉強して、点を取れば良いだけのこと。簡単です。

そして、保護者の皆さんも、色々と不安があると思います。
しかし、一番不安なのは、本人です。
本人を信じて、ドシッと構えてください。

保護者の皆さんの不安は、本人に伝わります。
不安なのはわかりますが、その不安が伝わらないように、隠してください。

また、間違っても、現在の途中経過について、問い詰めないでくだサイ。意味がありません。
それは、本人が一番よくわかっています。逆効果です。

もちろん、見ていて、明らかに努力が足りないと感じる場合は、どんどん指摘してもらえればと思いますが、
絶対に、結果を理由に上げてはいけません。

昨日、県模試の結果も帰ってきましたので、返却しました。ご確認くだサイ。

残り時間もあとわずかです。自信を持って、そして、信じて、頑張ってくだサイ。

スイッチ

こんにちは。サイちゃんです。

ときどき、変なスイッチが入ることがあります。
メチャクチャ簡単な問題でも、なぜかできなかったりします。

当然、同じ問題が続くと、全部間違えるわけです。
普通、途中で何かおかしいと気が付くんだけれども、それも、気が付かないくらい、なんか変なスイッチが入ります。

あれは、なんなんだろうと思うのだけれども、何かを勘違いしているんだろうと思います。

ちょっと、頭を冷やしたら、スッと入るんですが、テストの時には、頭を冷やす暇もないし。

とりあえず、とばして次の問題に取り組んでいるうちに、頭は冷えるので、考え込まないことは大事です。
それから、時間をかけれる場合は、いっそうのこと、ちょっと時間を空けると言うのも有効です。
なんなら、一晩寝かすことも大事です。

参考にしてくだサイ。

詰め込み

こんにちは。サイちゃんです。

先日、塾長がテレビを見ていたら、興味深い話が出ていたそう。

テーマは、「学歴社会は必要なのか」なのですが、注目は、どうやって、なんのために勉強をするのかという話。

中部大学教授の武田先生は、
「子どもの頃にあった知的更新が中学生ごろには失われてしまうのは、お母さんが、こうしなさい、ああしなさいと細かく言うから」というニュアンスの発言がありました。

武田先生は、お母さんと発言しましたが、これは、教育そのものの話で、「無理矢理詰め込もうとするから、知的好奇心が失われていく」と言うのは、何か、スッと入り込むところがあると塾長。

しかし、同時に、「そのように、知的好奇心をもとに教育して上手くいくのは、上位層だけであって、全体の底上げをするためには、詰め込み教育が有効的である」とアナリストの藤井さん。
こちらもスッと落ちてくるところがあります。

この詰め込み教育の1例として、漢字をとにかく書かせて覚えさせるというのが出てきました。
確かに、上位層は、書かなくても覚えるものです。そして、もっと言えば、「他のこと(例えば、読書など)をする中で、自然と覚えてくるものが漢字であって、本来、書いて覚える物ではない」と武田先生。

これも、その通りですが、一方で、そもそも漢字が読めなければ、本は読めません。したがって、その前に一定量の知識の詰め込みは必要不可欠であると考えるのが妥当です。

要は、バランスで、そこのところを上手にやるのが、大人の仕事なんだろうなというのが感想です。
なので、詰め込もうとしすぎるのも問題だけれど、詰め込まなければ、お話にならないというのが現状です。

1ヶ月ほどで消えてしまうようですが、以下で、視聴できます。
興味のある方は、是非是非、ご視聴くだサイ。
前半は、政治に関する話なので、38分くらいから見ると良いです。

ネコ

こんにちは。サイちゃんです。

塾には、よく、ネコが遊びにきます。
最近は、遊びに来るネコも世代交代して、以前とは違うネコが遊びに来ます。

このネコ、どうも、お腹が大きいので、「妊娠しているんじゃないの?」と塾長。

また、出産するのかな?

なんでも良いですが、塾でイタズラしないでくだサイね。

験担ぎ

こんにちは。サイちゃんです。

去年の通信で、神頼みや験担ぎも大切です。と書いていたけど、こんな記事を見つけました。

意外? 無理やり? 受験シーズンの「ゲン担ぎ商品」への街の声
そろそろセンター試験も近づき、本格的な受験シーズンになってきました。受験生や受験生の親御さん方はドキドキしてくる季節なのではないでしょうか。
この記事では、試験に受かるといわれる「ゲン担ぎ」の食べ物の話や、この時期にスーパーやコンビニの棚にあふれるゲン担ぎのお菓子などに触れつつ、「やる気になる!」あるいは「それはどうよ?」といった賛否さまざまな意見についてご紹介します。

受験に勝つで「とんかつ」は昔から有名ですが、最近は、いろんなのがあります。

受験に「きっと勝つと(博多弁)」で「キットカット」

受験に「うカール」で「カール」

カールは松山で生産されているので、験担ぎにはちょうど良いかも。

ただ、やるべきことをやらずに、神頼み、験担ぎをしたところで、意味がありません。
出来ることは全部できるように、しっかり取り組んでくだサイ。

問い合わせ

こんにちは。サイちゃんです。

ときどき、「高校生はやってないんですか?」と問い合わせがあります。
「やってないことはないですが、新規での募集は行っておりません」というのが解答です。

高校生もやってみたいのは、やってみたいのだけれど、時間的に、高校生の時間を捻出する時間がないのが現状です。
また、センター試験をはじめ、入試対策の研究をする時間も確保できかねます。

現状としては、今の卒塾生対象のフォローアップ講座で様子を見て、どうするかを考えていくことになります。
今のところ、本格的に時間割に組み込んで取り組んでいくということは、やるとしても、年単位で先の話になります。

しかし、何か困りごとがありましたら、お気軽にお問い合わせくだサイ。
答えられる範囲で、回答いたします。

力がつくと

こんにちは。サイちゃんです。

学校の実力テストを終えた3年生が、
「わかる問題が増えて、時間が足らない」と。
さらに、「できそうな問題は、ついつい考え込んでしまうから、時間配分を失敗した」とも。

しっかり勉強して、力がついてくると、どうしてもぶち当たる壁。
本当は、夏休み明けに経験して、2学期の間に解決しておいてもらいたい壁なんだけれども、ここで出てしまったのなら、しょうがないです。

しっかり解き込んで、1問にかかる時間を1秒でも少なくすることと、解ける問題と解けそうな問題、解けない問題を分類して、優先順位をつける癖をつけること。
この2点が、とりあえずの目標です。

まだ時間はあるし、県模試も1回、学校のテストも2回残っているので、ここで、軌道修正をかけれるように、しっかり、取り組んでくだサイ。

前回の県模試の速報も届いています。結果が知りたい人は、塾長に声をかけてくだサイ。

通信と常識

こんにちは。サイちゃんです。

植物の分類の問題を解いていた塾生が、「ススキがわからない」と。
「お月見で飾るやつだよ」と塾長。
「お月見なんかしないからわからない」と塾生。

問題を解くにあたり、特に理科や社会は顕著なんだけれども、常識というのが意外と効いてきます。
問題作成者も、このくらいは見たことあるだろう、聞いたことあるだろうという前提で問題を作ります。

ススキの分類は、ススキが頭にイメージ出来れば、すぐに、単子葉類ということがわかりますが、イメージできなければ、手詰まりです。

こういう問題は意外と多く、特に、近年はやっている新傾向問題の趣旨とも合致するため、実は要注意です。
で、こういう問題への対策は、1つは問題を解き込むこと。しかし、これは、根本的な解決には至りません。
ですから、普段から、常識を持っておくことです。
実際にお月見をするかどうかは別として、お月見を話題にすること、そして、せめてテレビや絵本でもかまわないので、お月見をしている様子を見ておくことです。
こういう積み重ねが、実は、点数を大きく左右してきます。

また、実は、過去に、S-Lab通信にススキのイラストを掲載したことがあります。
通信は、メインテーマもちろんですが、それ以外のところも、じっくり見て、話題にしてもらえれば、意外なところで役に立ちます。

日本人としての常識を持てるように、行動してくだサイ。

こちらも、どうぞ。

月謝袋

こんにちは。サイちゃんです。

冬期講習でバタバタしていたため、遅くなりましたが、月謝袋を配布しています。
今月の中身は、

  • S-Lab通信
  • 県模試のお知らせ(中3生のみ)

今月は、特にお知らせはありませんが、プリント講座受講者は、2学期の成績表を同封しています。
ご確認くだサイ。

終わった

こんにちは。サイちゃんです。

冬休みが終わりました。
今日から新学期。

今年は、人数の関係もあり、去年よりは楽だったけれど、やっぱり、長期休業はしんどいです。
なんとか、走りきれました。
今日から、また日常です。

さて、矢田分入試までは、あと2週間ほど。あっという間に本番です。
学校の実力テストもあるし、中間テストもあります。
学校の授業も、再開されるので、忙しくなってきますが、気を抜かず、頑張ってくだサイ。